カテゴリー別アーカイブ: 多肉ちゃん

有終の美?

多肉「爪蓮華 ツメレンゲ」がお花を咲かせています。

このツメレンゲ、以前ブログにもアップしたのですが、

種子が発芽してからお花が咲くまで3年も掛かるらしいのですが、

お花が咲いて結実すると親株、子株とも枯れてしまうという、何とも悲しい結末があるのです。

しかし、お花を咲かせないようにするか、

地下茎で増えている子株を早めに救出して育てれば絶えることは無いので、

心配はいらないのですが、その親株が今回花茎を伸ばしお花を咲かせました。

少し前の様子がコチラ

P8200012

この大きな2つがお花を咲かせたのです。

陽射しを求めているのか、クネクネと曲がって何とも不思議な花姿でしょ(^^;

近づいてよ~く見ると、白い小さなお花はピンクのしべが躍り出ていて、とってもキュート♪

命の終わりにこんなに大きな沢山のお花を咲かせてエネルギッシュな姿を見ると、

お花に使うのはおかしいかもしれないけれど、「有終の美」って感じだわ(*^^*)

 

同じ鉢には種類の違う多肉「愁麗」も同居中~。

お花が咲き終わったらツメレンゲは枯れちゃうので、

この愁麗が我が物顔で増えていくのでしょうね(笑)

それはそれで楽しみかな^^

色の移ろいも良きかな

10月の初めにお迎えしていたコレオプシス ウリドリーム、

気温が下がってきたせいか、

アプリコット色から赤く染まってお花を咲かせてくれています。

少し前のコレオプシス ウリドリーム

今のコレオプシス ウリドリーム

どんどん寒くなってきたので、明るい花色はそれだけで暖かで穏やかに感じます。

そして、知らぬ間に、多肉が花を咲かせてくれていました。

多分「赤鬼城」かな?

スクッと立ち上がった花穂の先に、

小さな小さな金平糖のようなお花が何とも可愛らしいです。

これからますます寒くなってくるけど、

「どうか、頑張って生き延びておくれ」

スパルタ育て主の願いです^^

気が付けば・・・

いつの事だったか・・・

鉢で育てていたお花が枯れたのでその空いた植木鉢に

多肉の「ツメレンゲ」の子株をポイポイっと投げ込んでいたのですが、

気が付けば、こんな事になっていました。

P8200012

鉢の中はまるでおしくらまんじゅう状態です(笑)

このツメレンゲは種子が発芽してからお花が咲くまで3年も掛かるらしいのですが、

お花が咲いて結実すると親株、子株とも枯れてしまうという、何とも悲しい結末があるのです。

しかし、お花を咲かせないようにするか、

地下茎で増えている子株を早めに救出して育てれば絶えることはありません。

この大きい株はどうやら親株で初秋にはお花が見られるかもしれません。

その前に子株を救出せね・・・です。

自己満足の世界

以前、園芸店に出かけた際、

フリーマーケットでサビ缶が売っていたのでお迎えし、手持ちの多肉を寄せ植えしました。

P6050034

サビ缶は見る方によっては、汚いゴミに見えるかもしれないけれど、

私には味があってとっても魅力的に見えるのです。

普通の缶に一手間加えるだけでこんなにお洒落に見えるのに、

でも、その一手間が自分ではなかなか出来ないんですよね(^_^;)

出来れば、艶やかな色味の多肉を植えたほうが良かったけれど、

手持ちの多肉たちはどれもこれも似たり寄ったりのものばかり(汗)

それでも、やっぱり、サビ缶と多肉の相性は好きだなぁ~♪

P6050033

・・・って、ただただ自己満足の世界ですけどね(笑)

真似っこから始める(笑)

5月初めの事ですが、壁掛け用多肉の寄せ植えを作りました。

今までブリキや陶器、空き缶などに多肉の寄せ植えを作ったことはありましたが、

壁用に作ったのは初めてです。

P6040005

それは、たまに行く園芸店でこの壁掛け多肉の寄せ植えを見て、

今までとはちょっと違う事もしてみたいと挑戦してみたくなったのです。

この壁用に使う土は「ネルソル」というもので、

水と土を混ぜて練ると固まるという物を使っています。

コレを使うと、アイデア次第で、使い方無限大、

好きな場所に、自由に植物を植える事が可能だそうで、

そう言えば、以前leonさんも確か使っていらっしゃいましたよね。

P6040006

leonさんのブログはコチラ

今回はひとまず、手持ちで増えた多肉たちを使って作ってみました。

土が固まっているので、多肉が増えて株が充実したりすることは難しいかもしれませんが、

ネルソルを使えば今まで諦めていた素材や場所にも、

多肉を植えて愛でることが出来そうです。

コレは色々試してみる価値がありそうです。

さて、次は何に植えてみようかしら?

・・・・・っと、その前に、多肉達を充実させなきゃね^^

1人ぼやき

昨年から小さな多肉の赤ちゃん(主に秋麗)が出来るたびに、

メッシュプランター に挿しこんでいたら、

気が付けばこんな感じになっていた。

P6050027

 

同じものばかり集まった色味の少ないリースは

なんやボヤ~っとしてて微妙やな(ーー;)

そう言えば昨年末も似たような微妙なリース作ってたわ・・・

学習能力の無い奴や(ーー゛)

 

今度からは子株は違う器に入れよう。

そして、このリースにはもう少し色物を入れよう。

 

・・・・・・・と、Tの1人ぼやきでした(笑)

 

可愛い金平糖♪

花壇の隅で小さなお花を咲かせている多肉「紅稚児」

今年も金平糖のような可愛いお花を咲かせてくれました。

P4140016

昨年は5月でも葉っぱは真っ赤だったのですが、

今年は水やりや雨の日が多いからか、葉っぱは早くもグリーン色。

グリーンネックレスと同じ鉢で同居させているのですが、

さすがに窮屈なようで、押し合いへし合い状態になっています。

P4140017

もうそろそろ植え替えが必要なようです。

多肉は可愛くて殆ど手もかからず、育てやすいのですが、

植え替えや寄せ植えは体力こそ使わないものの、

細かい作業が多いので根気がいります。

それに、一生懸命植え替えや寄せ植えをしても、

見た目はたいして変化して見え無い所もあって、殆ど、自己満足の世界でもあります(笑)

部屋の模様替えでテーブルやベット、机を動かせば一気に変わった感はあるけど、

キッチンの引き出しの中を整理しても見えない感じかな(笑)

でも、そんな自己満足の世界も嫌いじゃなくて、

黙々とひたすら植え替えに没頭できる時間も悪くはないのです。

出来上がりを想像しながら指先を動かすのはボケ防止にもなるしね。

そんなこんなで、多肉の植え替え、実行せねば! ははは~

紅葉するタイプの多肉達が寒さで真っ赤に紅葉し、輝いています。

紅葉する多肉 (2)

寒さを感じさせないくらい赤く染まって、その姿はとってもエネルギッシュです。

勿論、寒さで溶けて無くなった子もいるのですが、

この紅葉するタイプの多肉たちは本当に元気です。

紅葉する多肉 (1)

寒い中でも子株を蓄え、逞しい姿。

寒くたって、ツヤツヤピカピカの葉っぱは、

粉を吹いたようなお肌の私にしてみれば羨ましい限りcoldsweats01

その艶感、ちょびっと分けてくれぇ~いsweat01

余裕で負けてる・・・

多肉「秋麗」が寒さで赤味を増し、とってもキレイです。

秋麗

この多肉は1つの大きさが私の拳よりも大きくて、

とっても存在感のある多肉です。

外側の古い葉は少々シワシワ気味で私のお肌と似ているけれど、

先端の葉は艶やかとしなやかさと力強さをを感じてカッコ良い♪

 

私もそんな女性になるはずだったんだけどなぁ~。

私にあるのは所帯臭い哀愁ぐらいやわ・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ~

 

多肉の赤ちゃん

今日は朝からチラチラと雪が降っている京都です。

北海道の爆弾低気圧と寒波で大荒れのお天気からしたら

可愛いものなのでしょうが、それでも雪が降るだけで何故か不安で落ち着かない私です。

そんな寒い中、お外の多肉(秋麗)が、

可愛い赤ちゃん多肉を沢山付けて頑張っています。

PC260011

この赤くてぷくぷくとした姿、とっても可愛いでしょう。

本来、春から秋の間はこんなブルーグレー色のような涼やかな色ですが、

P5110025

晩秋から冬の間は赤く紅葉してとっても強く育てやすい多肉です。

大株になったせいか、古葉の付け根にまで真っ赤な赤ちゃんを付けて、

何とも健気で可愛く見えます。

PC260010

身体の芯から凍えるような寒さですが、

こういう姿を見ると、ちょっとだけ心がほんわかします。

PC260009

でも、さすがに雪が積もったら可哀想。

家の中は無理としても、軒下に移動させましょうね。

 

誠に勝手ではございますが、ホリーガーデンの年末年始の休業日は

2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)までとさせて頂きます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

尚、メールでのお問い合わせは受け付けしておりますのでどうぞ、ご活用下さいませ。

ただ、申し訳ございませんが、

お問い合わせのお返事は新年の営業が始まってからとなりますので、どうぞ、ご了承下さいませ。