カテゴリー別アーカイブ: ツワブキ

色々・・・すまぬ

日の当たらない建物裏の狭い敷地で、黄色いお花を咲かす植物、

ツワブキとヒメノウゼンカズラ。

ヒメノウゼンカズラ

今年は夏の間、ヒメノウゼンカズラが例年以上に自由に枝葉を広げたため、

狭い敷地は通りにくく、その枝葉を剪定しまくったせいか、

どうやら、花芽をガッツリ切ってしまったみたいでお花は数えるほど(汗)

ノウゼンカズラさん、自分勝手な育て主で、すまぬ。。。(。-_-。)

そして、その横で、スンっとすまし顔のツワブキさん。

ツワブキの花

春の新芽を食料化している育て主のせいで、

新芽を出しても出しても食い尽くされてガッカリした春とは違い、

自由に花芽をあげられる状況が嬉し過ぎるような表情にさえ見える。

ツワブキの花

 

ツワブキの花

ツワブキさん、違う意味で、すまぬ。。。(。-_-。)

日陰の暗い場所だけど、貴方たちが黄色いお花を咲かせてくれたおかげで、

辺りが明るく鮮やかな空間になったよ。ありがとね^^

今年もこの味♪

毎年、この時期になると食卓に上がるこのレシピ。

ツワブキのキンピラを作りました。

幼少期から春の食材として食べてきた故郷の思い出の味です。

ツワブキ

葉っぱを落とした後、熱湯にくぐらせると皮が剥きやすくなります。

皮を剥いたら適当な大きさに切って水につけ、

何度も水を変えながら灰汁抜きをします。

ツワブキ

あとは普通のキンピラと同じ要領で作ったら出来上がり♪

ツワブキのキンピラ

普通の人はきっと敬遠する味だと思いますが、

私にとっては独特な香りと苦み、少々のエグ味がご馳走です(笑)

こんなものまで食べなくても・・・と言われることも多いけれど、

故郷を思い出す、大事な季節の贈り物。

口に含みながら、年老いた母の事や兄弟の事、

故郷の風景やその頃あった出来事など思い出しながら、

又、この味を味わえたことに感謝するのです。

今年も思い出の味「ツワブキ」を食べられたことに感謝して、

今の務めに励みましょうぞ‼(´∀`*)ウフフ

季節を感じるお花

裏の僅かなスペースに植えこんであるツワブキがお花を咲かせました。

ツワブキの花

20日ほど前に田舎に帰った時、田舎ではすでにお花を咲かせていたのに、

我が家は今頃・・・・・・何でだ(ーー;)

・・・きっと陽が当たらない日陰だからかな?

 

まっ、なんでも、綺麗だから良いっか~♪

ツワブキの花

 

このツワブキのお花が咲きだすと、

秋本番がやって来たな・・・と実感します。

そして、遠い故郷の秋の風景を思い出し、ちょっとおセンチになっちゃいます。

 

さっ、いよいよ秋も深まって来ます。

 

食欲の秋に磨きをかけて、冬眠の準備でもしましょうぞ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ