カテゴリー別アーカイブ: ピンクユキヤナギ

どんな表現がピッタリ?

ピンクユキヤナギのお花が咲きだしました。

ピンクユキヤナギ

花芽が見えだしてからココまで、長いおあずけ状態でしたが、

この小さな赤い蕾とピンクがかった白い小花を見たら、

そのおあずけさえも喜びを倍増させる要因のように感じます。

見て下さい、このビジュアル‼

ピンクユキヤナギ

可愛い・綺麗・愛らしい・可憐・かわゆい・めんこい、、、

ピンクユキヤナギ

どの表現がピッタリなのか分からないけれど、

小花好きにはたまらないこの姿、

「尊い‼」がピッタリ? ☆:*・゚♡(●´∀`●)キュン♡*・゚

ピンクユキヤナギ

毎年この可愛い姿を見ているのに、

毎年キュンキュンが止まらない。

 

ピンクユキヤナギは我が家の花壇に無くてはならない存在です♪

オヨヨっΣ(・ω・ノ)ノ!

ピンクユキヤナギのお花が2~3輪咲きました。

例年なら、

ピンクの小さな蕾が枝一杯に着きお花を咲かせるのですが、

今年は気温の変化が激しかったせいか、

はたまた、私の管理が悪かったのか、

お花の前に葉がガッツリ展開しています(T_T)

ピンクユキヤナギ

ヤナギのようなしなやかな枝一杯に小さなピンクのお花を咲かせ、

風に揺れる姿が大好きだったのに・・・(。-_-。)チーン

 

でも、これからきっと沢山のお花達が開花してくれると、信じて・・・る。

ムフっ♡

小さな小さなピンクユキヤナギの花芽が膨らみ始めました。

ピンクユキヤナギの花芽

しかし、今年も、昨年剪定をし過ぎたせいで、

高さとボリュームに欠けた寂しい姿になりそうです。

花芽が出てくるこの時期になって毎年気付く間違った剪定。。。”(-“”-)”

ユキヤナギは花後に剪定することが望ましいのですが、

ついついそのことを忘れ数か月放置。

すると、すごい勢いで若い枝が伸びて暴れ出し、

他の鉢植えにまで影響が出るほど枝葉を広げるので、

そこまで来てようやく剪定し忘れていることを思い出すのです。

そして、それはいつも夏、真っ只中(笑)

そこでやめときゃ良いのに我慢できずにチョッキンチョッキン。。。

必然とそのまま秋、冬と季節が流れ、

この花芽の時期に見栄えの悪いショボショボの花姿になってしまうのです。

ピンクユキヤナギの花芽

学習しない残念な人間です(。-_-。)

でも、今年こそ、今年こそ、花後に剪定をし、

来年は高さもボリュームもある華やかなピンクユキヤナギにして見せますぞ‼( ̄‥ ̄)=3 フン

ピンクユキヤナギのお花が盛り盛り♪

ピンクユキヤナギのお花が咲きました。

ピンクユキヤナギ

この小さなお花の1つが最初に開いたのは1月の10日。

それから、少しずつ少しずつお花が増えて、

今、こうして雪柳らしい姿を見せてくれました。

ピンクユキヤナギ

咲き始めのピンクから、どんどん白く変わっていく様を毎年見てるにも関わらず、

毎年その可愛さにキュンキュンさせられます。

昨年、剪定をしなかったのと、暖冬で古葉が落ちないままの所もあったりと、

若干見苦しい所もありますが、

そよそよと吹く風に右へ左へと揺れる姿も又、たまらなく可愛いいです(≧▽≦)

ピンクユキヤナギ

寒いのは大嫌いな私ですが、

このピンクユキヤナギの開花の時期だけは、

少しでも長くその愛くるしい姿が愛でられるように

気温が上がらない事をついつい願ってしまいます。

いい加減なものですね(^^;テヘヘッ

ムフフっのフっ♪

少しずつですが、ピンクユキヤナギの蕾が膨らみ始めました。

まだ、一部の枝には紅葉した葉が残ったままで、何とも不思議な感じです。

ピンクユキヤナギの花芽

それでも蕾の動きを見つけると、嬉しさとワクワクが高まります。

「早く可愛い花姿が見たい‼」・・・と思う気持ちと、

「膨らんで行く蕾を一時でも長く愛でていたい」気持ちが交差しています。

何だかんだ言いながら、

お花が咲くまでのこういう時間が一番楽しいのかもしれません(*^-^*)

愛しきかな

やっと、やっと、ピンクユキヤナギが咲いてくれました。

しかし、冬場に調子に乗って強剪定しすぎたため、

柳のような柔らかな枝に付く沢山の小花は何処へやら・・・

株元に小さな小さなお花を咲かせています(汗)

いつもなら細い枝にピンクがかった小花がビッシリと付くのですが、

今年はお花が咲くより先に葉っぱが展開してしまい、

いつもと違った花姿になってなってしまいました。

こんなはずじゃなかったのに・・・

自分でやっておきながら、そんな自分に呆れております。

でも、仕方ない!

来年、又、美しい姿が見られますようにと願いを込めて、

今年は静かに愛でたいと思います^^