カテゴリー別アーカイブ: 挿し木

油断は禁物

サルビア ブルーチキータのお花が咲いています。

サルビア ブルーチキータ

長いもので花の穂先が30㎝ほどにもなるブルーチキータ。

地植えにすれば1m越えの大型のサルビアに成長します。

耐寒性、耐暑性、どちらもそこそこ強いので管理は手間いらずなのですが、

ここ数年、その強さに甘えていたせいか、

どんどん株が痩せてきて、今更ですが少々慌てております(^^;

サルビア ブルーチキータ

・・・って言うのも、このブルーチキータ、

自分の怠慢さを棚に上げて申し訳ないんだけど

園芸店で殆ど見かけることが無いので、いなくなっちゃうと困るのよね(;^ω^)

なので、来年は新芽が出たら挿し木で存続を確保しないとね。

・・・って、冬越しが出来ての話だけどね(^^ゞテヘッ

モコモコ肌触りに癒されます♪

挿し木して着いたバロータ キャンディアが元気にお花を咲かせています。

バロータキャンディア

(小さな紫色がお花です)

暑さ、寒さともに強い常緑多年草で、寄せ植えなどに使いやすいのも特徴です。

1年中楽しめるシルバーリーフですが、

初夏には節間(葉の付け根)にピンク系の花を咲かせてくれます。

その花よりも可愛いのが、葉と同じシルバーグリーンのガクです。

バロータ キャンディア

金平糖のような可愛いさで、キュンものです💕

それに葉っぱはモコモコの肌触り♪(*´▽`*)

昨年、この可愛さに一目ぼれして挿し木をしたのですが、

まさか、簡単に着いてくれるとは思いませんでした。

バロータ・キャンディー

ただ、何故か、本家のバロータは消えてしまったので、

今年もこのバロータちゃんを挿し木して保険をかけておこうと思います(*´▽`*)

やっぱり華やか♪

バラ、マルキーズ・ドゥ・ラ・ロシュジャクランが咲いています。

バラ、マルキーズ・ドゥ・ラ・ロシュジャクラン

春先のような綺麗な花姿ではないけれど、

元気をもらえる花色にパワーをもらいながら愛でています。

アンブリッジローズ

 アンブリッジローズ

挿し木なので小さいですが、繰り返しその姿を見せてくれています。

優しい花色に癒されて、穏やかな時間が流れます。

どのバラも気温が高いせいか、すぐに咲き進み、

美しい花姿をキープする時間は短くて、散るのも早いけど、

それでもバラが咲いてくれていると花壇と気持ちが華やぎます。

お行儀は良くないけど

原種系ペラルゴニウム「ラベンダーラス」が咲いてくれています。

ペラルゴニウム「ラベンダーラス」

一期咲きのぺラルゴニウムが多い中、

季節を通して小振りで可愛い花を楽しむことができます。

小振りなお花は横に花茎を伸ばして咲くので、お行儀が良いとは言えませんが、

そこが又、愛嬌たっぷりで可愛く見えます。

ペラルゴニウム「ラベンダーラス」

以前に育てた時、枯らしたことがあったので、昨年、挿し木で保険をかけたのですが、

今年はそちらの方にもお花が付き、ホッと一安心。

ペラルゴニウム「ラベンダーラス」

ただ、ペラルゴニウム「ラベンダーラス」は高温多湿に弱いので、

これからの季節、置き場と管理をしっかりしないと、

枯れてしまうので油断は禁物です(^^;

見れる?見れない?

ガクアジサイが咲いてくれました。

ガクアジサイ

このガクアジサイ、数年前、一枝いただいた時は、

目の覚めるような深く濃い青色のお花でした。

「こんなに美しい「青」があるのか‼」

・・・と、その花色に一目ぼれして速攻で挿し木し翌年の開花を待ち望みました。

しかしながら、翌年咲いてくれた花はピンク色に変わり、

ここ数年の間、何度か植え替え時に土の配合を変えてみたりと、

チャレンジはしてもたもののその状況は変わらず終い(。-_-。)

ガクアジサイ

そこで、昨年、焼ミョウバン水を数回撒いて色の変化を試みたところ、

どうにか花色は変えてくれましたが、ピンクを引きずった花色( ̄▽ ̄)

今年はその抵抗すらせずで様子を見たのですが、

やっぱり、今年もピンクを引きずった青紫色でした(;^ω^)

ガクアジサイ

もう一度、あの深く濃い青色のお花が見て見たい‼

さて、私の希望が現実となる日は来るのか‼

・・・・・・・

その日はめっちゃ遠い気がする~~~~~~”(-“”-)”チーン

保険はバッチリ(*^^)v

柏葉アジサイのお花が満開です。

柏葉アジサイ

数年前、小さな苗木を鉢で育て始め、

昨年は挿し木した枝から立派なお花を咲かせました。

柏葉アジサイ

そして、今年も昨年挿し木した枝にひっそりとお花を咲かせておりました。

柏葉アジサイ

これで保険は十分確保できたかな(*^^)v

気温が高くなり蒸し暑い中、

白いお花は一時の清涼感を与えてくれますね。

ゆっくり、ゆっくり・・・

少し前の事ですが、

ストロビランテス・アニソフィルス、

別名「ランプの妖精」がお花を咲かせてくれました。

ランプの妖精

二年前、神戸のオープンガーデンに寄せて頂いた時に、

庭主様のご厚意で枝を分けていただき根付いたものです。

鉢植えだからか、管理が悪いのか、なかなか大きくなってくれませんが、

枯れることなくお花を咲かせてくれました。

ランプの妖精

薄紫色の花の長さは3cm程度。

葉は春から晩秋までは緑ですが低温にあって紅葉し、銅葉になってくれるので、

お花が無くとも花壇のアクセントとして活躍してくれます。

・・・と言っても、

我が家のランプの妖精はまだまだその域まで大きくなってないけどね(^^;

そんな姿を目指して、管理して行こうと思います。

保険の数が多い?(笑)

今日は私が数年育てている観葉植物のご紹介を・・・

観葉植物を育てるようになったのは○十年前の事。

当時は今ほどお花を育てていなかったので、

お家の中で育てられる観葉植物をお迎えすることが多かったのですが、

育てると言っても、

1.日当たり条件 2.水やりの方法 3.温度管理 4.風通しと、

この最低条件さえクリアできない間取りや環境のせいで、

お迎えしてもなかなか上手に育てることが出来ませんでした。

そんな中、ここ5年ほど、ず~~~っと生き延びてる観葉植物があります。

フィカス・ウンベラータ(真ん中)とシンゴニウム

IMG_7077

逆光で見えにくくてごめんなさい

シンゴニウムとシダ

IMG_7134

どの子も目を見張るような大株では無いけれど、

毎年、株分けや挿し木をして保険をかけています(笑)

中でもウンベラータに限っては、もう、何鉢挿し木で増やしたことか(*^^)v

IMG_7079

IMG_7061

本当は草丈を高くしてダイナミックな姿にしたいのですが、

狭い部屋だとそういう訳にもいかず、窓辺に飾れる大きさが私の線引きとなっています。

今後、どれだけ生き延びてくれるか分からないけれど、

これからも大事に大事に育てていこうと思っています。

嬉しい復活

昨年春に初めてお迎えしたお花、アガスターシェ・ゴールデンジュビリー

昨年の春の様子

切り戻しをしながら晩秋までお花を咲かせ続けてくれ、

耐暑性の強さに圧巻されながらも心配した冬越し。

防寒をすればよかったのですが、そのまま放置したせいか、

春の芽出しの頃には株の大半が枯れており、

僅かに残った株からヒョロヒョロと茎を伸ばしていました。

この夏はお花どころか、夏までもたないかも・・・と期待もせず、

北側のスペースで様子を見ていたのですが、

梅雨時期になるとニョキニョキ~と成長をし始め、

いちかばちか伸びてきた穂先を切って土に挿してみたら、

何という事か活着して、こうしてお花を見せてくれました。

 アガスターシェ・ゴールデンジュビリー

ライムイエローの葉は陽が当たらないせいかグリーンに変わり、

挙句虫食いに合い悲惨な状態で、オマケにお花もまだらで

決して綺麗とは言えないけれど、この復活、めちゃくちゃ嬉しい~~~♪

1人愛でながらほくそ笑んでいると、

私の苦手な茶色いカマキリさんがファイティングポーズ((+_+))

普通なら奇声をあげながら逃げ回っている所ですが、

復活が嬉しすぎてて見なかったことにした私なのでした チャンチャン