タグ別アーカイブ: ハーブ

この時期のお花は貴重

サルビア ライムライトがお花を咲かせています。

IMG_E5670

ライム色のガクと紫色のお花のコントラストがとっても綺麗なお花です。

とっても強い大型のサルビアなので、

ついつい手抜きをして管理したからか、今年はちょっと小さめ(ーー;)

鉢植えで育てているのに植え替えもしてないのですから、

元気な方がおかしいわね。

IMG_5672

来年はちゃんと植え替えしてあげないと・・・です(◞‸◟)ハンセイ

 

そして、色々な鉢に間借りして、元気いっぱいなノケイトウさん。

ノケイトウ

その鉢の主を何処かへ追いやり、

「ココ、私の場所ですけど、何か?」的なお顔です(笑)

お花が少ないこの時期に、お花を咲かせてくれるだけ有難いかぁ~^^

油断は禁物

サルビア ブルーチキータのお花が咲いています。

サルビア ブルーチキータ

長いもので花の穂先が30㎝ほどにもなるブルーチキータ。

地植えにすれば1m越えの大型のサルビアに成長します。

耐寒性、耐暑性、どちらもそこそこ強いので管理は手間いらずなのですが、

ここ数年、その強さに甘えていたせいか、

どんどん株が痩せてきて、今更ですが少々慌てております(^^;

サルビア ブルーチキータ

・・・って言うのも、このブルーチキータ、

自分の怠慢さを棚に上げて申し訳ないんだけど

園芸店で殆ど見かけることが無いので、いなくなっちゃうと困るのよね(;^ω^)

なので、来年は新芽が出たら挿し木で存続を確保しないとね。

・・・って、冬越しが出来ての話だけどね(^^ゞテヘッ

あるもので済ませすぎ?(;^ω^)

花ネタも無くなってきたので、やっつけでスワッグ作り(^^;

出来るだけあるもので・・・って事で、

今回はユーカリポポラスと

こぼれ種からお花を咲かせているノケイトウの花がメインのスワッグです。

ポポラスとノケイトウのスワッグ

一応、オマケ程度にミニバラとカーネーションも少しだけ入っているのですが、

殆ど存在が消えてしまっておりますね(汗)

主役級のお花が無いので華やかさには欠けますが、

そこは生温かく見て頂ければ・・・と(ーー;)

ポポラスとノケイトウのスワッグ

我が家のポポラス、然程成長もしないのに、

こうして定期的に切られるんだもの、花が咲かない訳よね(。-_-。)ダハハッ

見た目に寄らず・・・

オルトシフォン・ラピアツス 『ピンクセージ』が咲いています。

オルトシフォン・ラピアツス 『ピンクセージ』

我が家の花壇で、この花が咲き始めると、秋がやって来たな・・・と感じます。

芳香があるグリーンの葉にパープル寄りの淡いピンクの花が映えるなんともかわいいお花は

「ネコノヒゲ」の仲間ですが、花姿だけ見ると同じ仲間だとは思えません。

しかし、か弱そうな見た目に反し強くて管理がしやすく、

殆ど手をかけずともお花を咲かせてくれます。

オルトシフォン・ラピアツス 『ピンクセージ』

只、その分、セージならではの根の張りは半端無いので、鉢増ししながら育てるか、

剪定して草姿をコンパクトにまとめて管理するするのが良いようです。

なので、我が家はコンパクトサイズで毎年お花を楽しんでいます^^

又、動きださなきゃ・・・です(;´∀`)

ウエストリンギアの花がポツポツと返り咲きを続けてくれています。

ウエストリンギア

本来は淡い薄紫色のお花なのですが、

気温や環境によって変わるのか、若干白っぽい色味です。

お迎えした時に比べると、草丈も葉張りも倍以上に育って乱れまくりなので、

お花の時期が終わったら少し形を整える剪定をしなきゃです。

ウエストリンギア

もれなく、植え替えもしないと鉢の中で根が張り過ぎて大変な事になってそうです。

外での庭仕事も真夏の事を考えれば随分としやすくなってきたので、

季節を過ぎた夏花の片付けもしなきゃですが、重い腰が上がりませぬ~~~(>_<)

花を咲かせて終わりじゃない♪

オレガノ(ハナハッカ)とバロータ キャンディアが伸びて

ワッサワサになっていたので切り採りました。

オレガノ

オレガノ

本来お料理にも使えるオレガノですが、

私は観賞と香りをアロマ替わりに楽しんでいます。

なので、このまま、部屋の壁に吊るして香りを楽しむ予定です。

バロータ キャンディア

バロータ キャンディア

挿し木から大きく成長したバロータ。

気が付けば周りの草花に覆いかぶさり寄りかかり、大変な事になっていたので、

思い切って切ることに。

〖 ザ・葉っぱ 〗って感じですが、そのまま捨てるのも勿体ない。

何処までも愛でる気満々です(≧▽≦)

地味だけど・・・

ローズマリーのお花が咲いています。

ローズマリー ピンク

ローズマリーはガーデニングに興味を持った当初からお迎えし育てていますが、

それなりに大きく育ったころ、何故か、少しずつ枯れていき、

最終的には枯れてしまう・・・という不思議現象を起こさせてしまいます。

その原因が何なのか、未だ分からないのですが、

凝りもせず又お迎えして育ててしまうのです。

学習しない人間です(ーー゛)(汗)

ローズマリー ピンク

でも、この独特な香りと目立たないお花が私はお気に入り♥

これから先も同じ事を繰り返すんだろうなぁ~ ヌハハハハ~(;^ω^)

気が付けば・・・

スワッグを作りました。

基本は家にあるもので作っていますが、

赤いバラだけはドライが無かったので買い足しました。

スワッグ

使ったのは、オリーブ、パールアカシア、ブラックレースフラワー、

カモミール、エキナセア、オレガノヘレンハウゼンです。

基本の色味は少ないのですが、このスワッグの目玉はブラックレースフラワー。

お花が終わった後の独特な花姿が面白いので使ってみましたが、

結構、いい味出してるでしょ?

 

そして、コレは以前作った壁掛けのアロマストーンですが、

ミニスワッグを作り直しました。

アロマストーンとミニスワッグ

目を引くお花が無くて少々地味過ぎますが、

そこは半目でボヤァ~と見てね(笑)(^^;

ミニスワッグ

私はお花全般大好きなのですが、

特に脇役のような小花が好みで育てることが多いのです。

なので、こういうスワッグやリースを作るときに、

改めて主役級のお花が無い事を実感します(^^;

ミニスワッグ

主役がいるから脇役の存在が生かされ、

脇役がいるから主役が際立つのに・・・ね(一一”)

我が家の花壇は脇役ばかりだ~~~っ‼( ̄ー ̄)ヌン

目的は果たせる?

オレガノのお花が咲いています。

オレガノ

オレガノは肉やピザのスパイス、

ドレッシングやソース等に使われるものも多く、

キッチンガーデンで育てることが多い植物ですが、

私は一度もそういう使い方をしたことは無く、観賞オンリーで育てています(笑)

ただ、オレガノと言っても数種類あるようで、

この子⇈は一体何者なのか、今となっては???です(^^;

 

そして、コチラはオレガノ・ヘレンハウゼンという園芸品種です。

オレガノ ヘレンハウゼン

多花性で濃い紫色の萼に淡い紫色の小花を密に咲かせ、

ドライフラワーとしても利用されることも多く、

私もそこを狙ってこのオレガノを育てているのですが、

残念ながら我が家は鉢植えの為、ドライフラワーに出来るほどの数が咲きません(笑)

昨年に至っては花数を増やそうと出てきた芽を全部伸ばしていたら、

お花が咲くころには花茎がヒョロヒョロで立っていられず、横にだらしなく倒れる始末。

そのせいか、お花もショボショボで、

どう頑張ってもドライに出来るような姿にはなりませんでした(^^;

そこで、今年は新芽が伸びだしたころに間引きをしてチャレンジしてみたのですが、

それでもやっぱり横にだらしなく倒れる始末。

オレガノ

加えて花数は少なくなっており、

結果、その数少ないお花を、ドライ用にと切り取ることは忍びなく、

またまた、目的を果たせない状況になってしまいました(笑)

この状況、いつか、クリアすること出来るのかな?(* >ω<)=3 プププ

悪くないっ♪

ベルガモットモナルダ ラベンダーのお花が咲いています。

ベルガモットモナルダ ラベンダー

今年は西日のキツイ表花壇ではなく、北側のストックヤードでの開花です。

今年は少々株が痩せてしまったので、

負担をかけないようにと陽射しの少ない場所で様子見だったのですが、

それはそれで日光が足りなかったのか、

成長も開花も遅いタイミングとなってしまいました(^^;

ベルガモットモナルダラベンダー

しかし、そのお陰で、お花が少ない時期に遅れて咲いてくれたことで、

ゆっくり愛でることが出来ました^^