タグ別アーカイブ: 春の草花

数年ぶりの開花♪

アガパンサスのお花が咲きました。

アガパンサス

このアガパンサスはお向かいのおばあちゃまにいただいたものです。

頂いた当時は小さな発泡スチロールにビッシリと根が張り、

数年はそのままお花を咲かせていましたが、

流石に根詰まりを起こしたのでしょう、段々お花が咲かなくなりました。

アガパンサス

しかし、我が家には地植えできる場所は無く、

仕方なく大半の株を処分し、僅かにあった日陰の土のスペースに残りの株を埋めました。

それから数年、葉っぱは出るものの、お花は咲かずじまいでした。

しかし、今年、気付かぬうちにひっそりとお花を咲かせておりましたΣ(・ω・ノ)ノ!

お花を咲かせてくれるとやっぱり嬉しいものですね。

やっぱり 好き💕

バラ モンテローザ フォーエバー

バラ モンテローザフォーエバー

外側がグリーンがかり、中心がクリームイエローから淡いピンク色の優しい花姿で、

私はこの開き始めの優しい雰囲気が大好きです♡

ただ、数年前お迎えした時のような樹勢の勢いはなく、

弱々しい樹勢になったせいか、お花の巻きも少なくなってしまいました(T_T)

モンテローザフォーエバー

無くなってしまっては元も子もないので、

今年は思い切って保険の挿し木にチャレンジしようかな。

この姿、まだまだ見続けたいもの💕

細々と・・・

ミニバラ アポロが咲いています。

ミニバラ アポロ

もう、何年も前にお迎えしたミニバラなのですが、

株は充実することも無く細々としながらも、

毎年必ずお花を咲かせてくれます。

ミニバラ アポロ

花の大きさは花茎5~6㎝ほどしかありませんが、

この鮮やかな黄色の花姿は目を引く美しさです。

毎年、可愛いお顔を見せてくれてありがと💕

小花好き💕

メカルドニア ゴールドダストのお花が花盛りです♪

メカルドニア ゴールドダスト

黄色の小さな小花が集まって咲く姿はとっても可愛くて気持ちまで明るくしてくれます。

メカルドニア ゴールドダスト

グランドカバーの役目もする匍匐性のお花なので、

本来は地植えの方が良いのでしょうが、

ハンギングや寄せ植えの根締めなどにも使えます。

 

シルバープリペットの花も花盛り♪

シルバープリペット

生垣や公園などの樹木として使われることが多いプリペットのお花って、

なかなかじっくりと見ることが少ないと思いますが、

こうしてアップにしてみるとピンクのしべがとっても可愛いでしょう♡

シルバープリペット

小花好きの私としては、この可愛い姿を見つけると、

1人ニヤけてしてしまいます。

気持ち悪いでしょ? ヾ(≧▽≦)ノニャハハハハハ~

 

大人可愛いお花♡

ブラックレースフラワーの花が咲いています。

ブラックレースフラワー

今年は昨年に比べ開花が遅かったような気もしますが、

それでも咲いてくれたので一安心♪

シックロな色合いのお花は目立たないけれど、

上品で大人可愛い雰囲気のお花です。

ブラックレースフラワー

今年は昨年に比べちょっとおチビさんでボリュームに欠けますが、

その分、背の低い私でも、背伸びをすればお花が見らてちょっぴり嬉しい♪

そんな風に喜んでいるのは私だけじゃ無いようで、

蕾の上にはヒメカメノコテントウという天道虫さんもお散歩中~♪

ブラックレースフラワーとヒメカメノコテントウ

今年は梅雨が早く来てしまったので、

春花たちの種の充実と、種取のタイミングが崩れそうでちょっぴり心配です。

今の所、セリンセの種くらいしか取れてないんだけど・・・・・(ーー;)

ブラックレースフラワー

願わくば、長雨が続きませんように・・・

・・・って、

長雨が続くから“梅雨”言うんとちゃいまっか~っ‼てか~~~(≧▽≦)ニャハ

野草と遊ぶ♪

先日、河川敷に生えている野草のアレンジをアップしましたが、

その時、一緒に採取してきた植物がもう一種残っていました。

野草 風草

「風草」と呼ばれている植物だと思われます。

野草でも、こうして花瓶に飾ると涼し気で素敵に見えませんか?

しばらく愛でて楽しんだら、こんな風に雑貨とコラボして楽しむのもいい感じ♪

風草 野草

ついでに小判草(コバンソウ)と、姫小判草(ヒメコバンソウ)もパシャリしてみました。

小判草(コバンソウ)

小判草 コバンソウ

姫小判草(ヒメコバンソウ)

姫小判草 ヒメコバンソウ

野草ならではの強さと趣を感じられる素朴な姿にウットリ(´ー`)

たまにはこんな花遊びも楽しいものですね。

なんてこったい‼(◎_◎;)

シノグロッサム アマビレのお花が沢山のお花を咲かせてくれています。

シノグロッサム アマビレ

本来なら大喜びなのですが、

今年はちょっと違う意味でビックリガックリの事が起きました。

それは昨年、シノグロッサム アマビレが咲いた後種取りをし、

又、同じ時期に咲いたアンチューサ・ブルーシャワーも種取りをし、

それぞれに紙袋に入れて保管し、秋にそれぞれ種まきをして名札を付け

発芽から開花までを首を長くして待っておりました。

最初にお花を見せてくれたのはシノグロッサム アマビレ。

シノグロッサム アマビレ

可愛いピンクのお花を見ながら、

アンチューサ・ブルーシャワーの青い花が咲くのを

今か今かと短い首を伸ばして待っておりました。

花茎がグングンと伸び始め、固い蕾が付き、そして花開くと、

なっ、なんと、それはシノグロッサム アマビレ‼Σ(・ω・ノ)ノ!

シノグロッサム アマビレ

そっ、そんな馬鹿な・・・(◎_◎;)

確かに種取りも種まきも間違いなくしたはずなのに・・・

どういう事?(゜.゜)

シノグロッサム アマビレ

でも、シノグロッサム アマビレかと言われると、

よく見るとピンクのお花の中に、ブルーの色素が色濃く出ている個体もあり、

何が何だか・・・・(ーー;)

シノグロッサム アマビレとアンチューサ ブルーシャワー

しかし、名前は違えど、同じムラサキ科のお花なので、

近い場所で育てると、虫や風の媒介によって交配が進み、

遺伝子の強い方が勝って出てしまった?

・・・なんて事が起こることも無くはない?

アンチューサ ブルーシャワー

同じ鉢の中に咲いたピンクとブルーのお花。。。

アンチューサ ブルーシャワー

こんな⇈ 青い小花がワッサワッサ茂るのを楽しみにしていただけに、

この結果は戸惑いも多く結論も出ませんが、

ココにあるアンチューサ ブルーシャワーの種取りして植えたら、

来春、どちらの色のお花を咲かせますのやろ?(;^ω^)

思わぬことが起きて、ただただビックリの私なのでした。

花と遊ぶ♪

先日の休日、久しぶりに河川敷をぶらぶらお散歩♪

・・・・・と言いたい所ですが、

実は野草を採取に行ってきました。

わざわざ野草を採ってどうするの?・・・って思われるかもしれませんが、

場所や季節によっては庭花と変わらない、

イエ、見方を変えれば、美しいも可愛いも持ち合わせた野趣あふれる草花があるのです。

20分ほどウロウロしただけで、こんな野草たちを採取出来ました♪

採取してきた野草は、

 

小判草(コバンソウ)

小判草 コバンソウ

赤詰草(アカツメグサ)

赤詰草 アカツメグサ

野蒜(ノビル)

野蒜(ノビル)

西洋引蓬(セイヨウヒキヨモギ)

西洋引蓬(セイヨウヒキヨモギ)

姫小判草(ヒメコバンソウ)

 姫小判草(ヒメコバンソウ)

千茅(チガヤ)

千茅(チガヤ)

 

それを全部まとめて籠に飾ると・・・

 

雑草と言われる草花のアレンジ

「ザ・ナチュラル」って感じだけど野草とは思えない可愛さでしょう?

野草アレンジ

河川敷や空き地に生える野草も、

目線を変えて見るだけで素敵に見えませんか?

今回も個性溢れる草花に出会えて満足♪満足♪(≧▽≦)

小花好きにはキュンキュンもの♪

シレネ 桜小町とエリゲロン

ほんのりとやさしい色合いのピンク色に染まる桜小町。

シレネ 桜小町

淡い愛らしいピンク色のお花は小さな桜のお花のようで優しい雰囲気。

見た目に寄らず耐寒性、耐暑性に優れ育てやすく、

こぼれ種でも増えてくれる優等生。

シレネ 桜小町

お陰で、種を撒き忘れても、

何処からか芽を出してくれるので大助かりです。

シレネ 桜小町

そして、開花時間とともに花色が変わるエリゲロン。

エリゲロン

ピンクから白の小花が春から秋まで長く咲き続け育てやすい宿根草です。

ふわふわと風に揺れて軽やかな姿は小さな庭でも圧迫感がなく、

グラウンドカバーや小道の縁取りなど重宝します。

エリゲロン

これまたこぼれ種で増えてくれるので、「消えた‼?」の心配は無用なほど(笑)

エリゲロン

その強さのせいでしょうか、最近は空き地や、

河川の石垣の隙間から花を咲かせているのをよく見かけますが、

私はその風景も大好きです^^

mini Meadow♪

一度作って見たかったドライに挑戦しました。

それはタンポポのドライ。

タンポポの綿毛

「イヤイヤ、空き地や河原に行けば綿毛ドライ勝手にぎょうさん出来てますがな」

・・・って思われるでしょう?

でもね、綿毛になってから採ると綿毛が飛んでしまったり形が崩れるの。

だから、お花が終わり種が充実し開くまでに採ってきて、お家で綿毛にさせるのです。

タンポポの綿毛

でも、どうやら採るタイミングを間違えたようで、ただの白い綿毛のものも(ーー;)(汗)

その綿毛を静かに静かにガラスドームの中に入れて、

昨年ドライした花壇の花達を飾り小さな草原を演出してみました。

タンポポの綿毛と小花のアレンジ

ど~ぅ、そんな風に見えるかしらん?(´∀`*)ウフフ