カテゴリー別アーカイブ: 宿根草 

暑い季節に活躍してくれるお花

コレオプシス スタークラスターのお花が咲いています。

昨年から植え替えをしなければ・・・と思いながらも、

出来ずじまいで心配をしましたが、どうにかお花をさかせてくれました。

こればかりは自分の管理不足なので仕方ありませんが、

今年は若干お花が少な目。。。( ;∀;)

しかし、これからの暑い時期はお花が少なくなるので、

咲いてくれるだけでもありがたい事です。

このコレオプシス スタークラスター、

お花が終わった後切り戻しをすると、又、秋にはお花を咲かせてくれます。

返り咲きをしてくれるなんて、こんなに有難い事は無いですね。

さて、今年の夏、どこまで頑張ってくれるかな(^^;

問題は夏越し・・・

可愛いお花が咲いています。

アキレア ‘ピーチセダクション’ 

アキレアは別名、西洋ノコギリソウ ヤロウ など と呼ばれています。

耐寒性、 耐暑性も強いとされるこのお花、昔からよく見かけるお花で、

白やピンク、黄色が一般的でしたが、

この‘ピーチセダクション’はアプリコットを帯びる淡いパステルカラーで、

とっても優しい色味は他の草花との相性も良く、辺りを明るく演出します。

ナチュラルなお庭を演出するにはピッタリのお花です。

地下茎やこぼれ種でも増えるらしく、それはとっても嬉しいのですが、

どうやら高温多湿が苦手なよう・・・(ーー;)

 

これからの時期のお花選びは、

耐暑性だけではなく高温多湿にも強い植物となるのですが、

京都ではその条件が一番厳しいのよね~(>_<)

 

毎年の事ですが、当社花壇の植物たちは、

冬越しより夏越しが問題だ!( ̄‥ ̄) = =3

 

癒しの小花✿

花壇の片隅で目立つことなくヒッソリと、お花を咲かせている、

ペラルゴニウム「ラベンダーラス」

シルバーがかった小さめの葉に、長い花柄を立て、

先端にエキゾチックな極小の花を咲かせます。

少し暴れるように大きく広がる草姿も愛嬌たっぷり(笑)

花1つ1つに派手さはありませんが・・・・深みのあるグリーンの葉と

可憐なピンクの花が何ともキュートです。

 

ピンクイソトマ フィズアンドポップ

従来品種より大輪で、丸弁の花が可愛らしい印象を与えるイソトマです。

イソトマは今まで幾度となくお迎えしたことはあるのですが、

どうしても夏場の蒸れで枯らしてしまう事が多く長持ちしないのですが、

フィズアンドポップは耐暑性が高く、

春から秋まで長く花を楽しむことが出来るとのことなので期待したいところです^^

気付かない可愛さ♡

先日、梅雨前に・・・と、終わった春花の片づけをしていると、

冬の間に作ったギャザリングの残り花が、妙にモコモコしているので

近寄ってみてみると、何とこんな姿になっておりました。

 

(¬_¬)ジーーーッ・・・・

 

エッ お花? Σ(・ω・ノ)ノ!

 

このお花の名前は、

バロータ(バロタ・プセウドディクタムナス)

シソ科の耐寒性多年草で白い羽毛のような毛の生えた肉厚のある葉はフワフワと柔らかく、

甘い香りがあり、1年中楽しめるカラーリーフプランツです。

調べてみると、この緑のお花のようなものは、どうやらガクらしく、

本来のお花はコチラ。

紫色したものがお花のようです。

このお花も可愛いのですが、私的には、この小さな緑色のガクの可愛さに胸キュンheart02

フェルトで作った金平糖のような可愛いさに胸を鷲掴みされちゃいましたヾ(≧▽≦)ノ

こんな可愛いお花(ガク)を咲かせてくれるなら、

是非とも毎年その姿を見たい・・・と思うのですが、

暑さ寒さ乾燥にも強いバロータですが、高温多湿には弱いそうな(ーー;)

加えて西日が当たる場所は避けた方が良いそうで・・・あぁ・・・((+_+))

今更ですが、西日ガンガンの場所から、少しでも移動させて、

生き残ってくれるよう管理するっきゃないですね。

・・・・という事は、まずは保険?

早速、挿し木しておくとしましょうぞ ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

よそはよそ、うちはうち^^

似てるけどちょっと違うこちらのお花達も花盛りです。

サルビア・スペルバ ‘ボルドー’

ネモローサ ‘カラドンナ’

どちらもシュッと花穂を上げて極狭の花壇にはもってこい。

でも、先日、神戸のオープンガーデン見せてもらったこれらのお花は、

当社のお花たちとは比べ物にならないくらい大きく、花穂も沢山で、

シャキーンとしっかりとしたその花姿は「同じお花?」と思えるほどでした。

 キャットミント シックスヒルズジャイアント

このキャットミントは、ジャイアントと名前が付いているのに、

当社で育てるとスモールサイズ(ノД`)・゜・。

どの花も、その成長の差に、改めて、地植えと鉢植えの違いを痛感しました。

やはり、地面にしっかり根を張れる環境って大事なんですね。

でも、無いものを望んでも仕方ありません。

小さなころ、お友達と同じようなものが欲しくて母におねだりしたら、

「よそはよそ、うちはうち‼」・・・と言われたのと同じでしょうか?(笑)

私に出来ることは鉢植えでも元気に育ってくれるように、

管理してあげることしかありまへんっ!かな^^

今年こそは・・・

ラミウム・マクラツム‘ビーコン・シルバー’も今が盛り。

沢山の花穂を上げて華やかになってきました。

半日陰のグランドカバーとして定番のラミウムです。

ラミウムはお花が無い時期も、カラープランツとして楽しめるので、

長い期間楽しめるのが有難いお花です。

‘スターリング シルバー’は葉のほとんどがシルバーで、生育も早く、

ピンクの花は大きくて葉との対比も美しいのが特徴です。

今まで幾度となく育てているのですが、

いつも高温多湿の時期に枯らしてしまうので、

今年こそは早めに涼しい場所に移動して夏越しを成功させたいと思います。

秋にもこの綺麗な葉が見られるように・・・ね。

独り勝ち?

フロックス ‘ビルベーカー’のお花も盛りを迎えています。

いつの事だったか、寄せ植えの花材の1つとして植えたのですが、

今では他のお花を何処かへ押しやり、自分だけの世界を作っております(笑)

でも、それだけ強いお花・・・と言う事なのでしょうね、

植え替えもしていないのに、年々株を充実させ、

沢山の花芽を上げてくれるようになりました。

草丈の低いフロックスですが、

花上りがとても良いのでこんもりとした花姿で綺麗にまとまります。

こぼれ種や地下茎で広がるようで、

多少の荒地でも、問題なく広がる強健な性質は横着者の私にうってつけです^^

今年は3鉢♪

今年もフロックスディバリカータ「ブルーパフューム」のお花が咲きだしました。

IMG_5984

この優しいラベンダー色のお花に一目惚れをしお迎えして数年。

鉢植えにも関わらず、耐寒性、耐暑性に優れているおかげで、

1株だったお花は今では3鉢となり、お花を咲かせてくれています。

このラベンダー色の優しい花姿は、

見ているだけで穏やかな気分にさせてくれます。

でも、このお花、見た目だけでなく、

優しい石鹸のような香りも一緒に運んできてくれるので、

ダブルで嬉しいお花なんですよ♪

お迎えした時より、若干花色が薄くなったような気がしないでもないけれど、

お迎えして良かったな~と思えるお花です♡

今年も・・・

この時期のお楽しみ。

ツワブキが新芽をスクスクと伸ばしています。

・・・という事は、ハイ、例年の事ですが、

それらを美味しくいただく時期でございます。

皆さまは基本、ツワブキは和風のお庭や、洋風お庭でのアクセントとして

観賞される為に育てていると思いますが、

我が家に限っては食用として育てております(笑)

IMG_5932

今年出た新芽を採って皮を剥き調理するのですが、

その作業はそれはそれはちまちまと面倒で、

挙句に、ツワブキの半端ない灰汁によって爪や指は真っ黒(>_<)

IMG_5938

でも、そんなことも気にせず、今年も大好きなツワブキのキンピラを作りました♡

IMG_5939

結果、胃袋は満たされますが、

1週間程度、人前で指を見せられない状況となります(笑)

そこまでして食べる?・・・と言われればそうなのですが、

幼少のころから食べ親しんできた私にとっては、

故郷の懐かしい思い出と味の1つです^^

どうする?‼

寄せ植えの中のエレモフィラ・ニベア がお花を咲かせました。

もこもこした白い綿毛のような葉と薄紫色のお花はとっても上品。

お花が無い時期もシルバーの葉は観賞価値があるのですが、調べてみると、

このエレモフィラ・ニベア、オーストラリア原産の半耐寒性常緑低木で、

乾燥には強いのですが、過湿には弱く根腐れしやすいようで、

長雨には当てないように軒下などに取り込んで管理するのが良いそうな。。。

そして、冬は日当たりのよい室内に置き、凍らせないようにしましょう・・・とな。

Σ(゜д゜;) ヌオォ~~~!? マジで?

そんなことも知らない私は、寒い冬の間、外に放置したうえに、

雨に打たせ放題、そのうえ、日々の水やりは上からジャブジャブかけ放題。。。(汗)

ガ━━━━━━∑(゚д゚lll)━━━━━━ン

どれも守ってない。。。

・・・という事は、このまま寄せ植えにしていると、

多湿でエレモフィラ・ニベア枯れるか、

乾燥で他のお花が枯れるか、どっちかが枯れちゃうって事?( ̄▽ ̄;)

考えもせず、寄せ植えをしてしまったことを今更ながら反省。

しかし、お花まで咲かせているこの状況、

エレモフィラ・ニベアをどのタイミングで救出したら良いんだろう・・・

困った~~~~~~っ(>_<)