カテゴリー別アーカイブ: 野草

知ると面白い

先日、ちょっとだけ河原をお散歩。

そこで見つけた白花溝蕎麦(しろばなみぞそば)

白花ミゾソバ

ミゾソバとは溝に生える蕎麦の意味らしく、

確かに河川敷のいたるところに群生しておりました(^^;

でも、お花はお蕎麦のお花とほとんど同じで、

薄っすらピンクのしべがとっても可愛く緑色の実も沢山着いていました。

これほど本物?の蕎麦とそっくりなのに、このミゾソバは食用じゃないの?

・・・と卑しい私は思って調べてみると、

どうやら、古い時代には飢饉時に救荒食として食べられていたようですが、

実は苦みが強く食用に適していないようで、

新芽や柔らかい葉などを食用として食べられていたようです。

 

そして、小栴檀草(こせんだんぐさ)。

引っ付き虫

鈎のついた種子で、衣服や動物の毛につくコセンダングサは、

昔から晩秋の野辺を代表する植物で、

「ひっつきむし」として嫌がられておりますが、

近づいて見るとなかなか芸術的で味のある風景として見えます。

 

野草たちが教えてくれる季節の移ろいも目線を変えると面白いですね。

何処まで・・・(^^ゞテヘッ

先日アップした野草マツバゼリ、

マツバセリ

しばらくそのまま愛でた後、折角なのでドライにし、

これまた春に採取してドライにしていたアカツメクサと、

春に花壇で咲いていたミニバラ ミサキのドライと合わせてスワッグを作ってみました。

野草のスワッグ

ミニバラ ミサキ以外野草って・・・(≧▽≦)ボハッ

でも、マツバゼリの線の細さが空気感あって涼し気♪

野草だけあって野趣あふれるスワッグが出来ました♪

オヒョ?(@_@。

ゴールデンウィークのある日のお話ですが・・・

息子とドライブした後、コンビニで飲み物を買おうと車を止めた時、

道路のアスファルトの端でフワフワと風に揺れている草花に目が止まりました。

お花らしきものは咲いた後のようで見つけられなかったのですが、

その姿は何処かで見たことがあるような・・・無いような・・・・・

何か分からないままでしたが、

その姿があまりに可愛かったので、少し持ち帰り(^^;

マツバセリ

帰ってから調べてみると、その植物は「マツバゼリ」という植物だそう。

南アメリカ原産の帰化植物で山野の道ばたに生えるセリ科の1年草だとか。

茎や葉をもむと、セロリのような香りがするらしいのですが、

私にはセロリの香りは???だったかな(笑)

マツバセリ

でも、そこで合点したのですが、

葉の雰囲気が同じセリ科のディルとかフェンネルに似てたので、

気になって目に止まったのかもしれません。

食べ物に関わる事には無意識に反応してしまう私です(≧▽≦)

強っ(ー_ー)!!

家の近くの青空駐車場に咲いているお花。

アザミでしょうか?

アザミ

何でこんな場所に?・・・って思っちゃうけど、

街中では草々見ることのない姿に少し嬉しかったりします。

アザミ

時に人に踏む潰され、

時にタイヤに踏まれ、

時に猫に落とし物をされているにも関わらず、

こうしてお花を咲かせるなんて、「やっぱり野草って強いな‼」って思います。

アザミ

私もこれくらい強い人間だったらもう少し違う生き方が出来たかしら?

・・・なんて、たらればの話、今更言うかねってか~(≧▽≦)グハッ

野草と遊ぶ♪

先日、河川敷に生えている野草のアレンジをアップしましたが、

その時、一緒に採取してきた植物がもう一種残っていました。

野草 風草

「風草」と呼ばれている植物だと思われます。

野草でも、こうして花瓶に飾ると涼し気で素敵に見えませんか?

しばらく愛でて楽しんだら、こんな風に雑貨とコラボして楽しむのもいい感じ♪

風草 野草

ついでに小判草(コバンソウ)と、姫小判草(ヒメコバンソウ)もパシャリしてみました。

小判草(コバンソウ)

小判草 コバンソウ

姫小判草(ヒメコバンソウ)

姫小判草 ヒメコバンソウ

野草ならではの強さと趣を感じられる素朴な姿にウットリ(´ー`)

たまにはこんな花遊びも楽しいものですね。